マイクロビット(micro:bit)プログラミング全3回(7月12日&19日)参加者募集中!

夏休みの宿題にピッタリ! 小さなコンピュータ『マイクロビット』でプログラミングと電子工作をしよう!

今回はマイクロビット貸し出しセットを郵送いたします。
  • 7月12日(日)、7月19日(日)の全2回。
  • 13:30~15:00
  • 無料 (お申し込みは必要です)
  • インターネット上(Zoom利用) 各自インターネットにつながるパソコン・タブレットを用意して、ご自宅からご参加ください。
  • Zoomの使い方
  • 安全のため、Zoomは常に最新にアップデートしておいてください。Zoomへのサインインは必要ありません。)
  • 『マイクロビット貸出セット』を無料で貸出します。
    豪華貸し出しセットの内容

お申込みは2020年7月5日(日)13:00までです

・一番簡単なプログラミングを始める方法は、ブラウザを使うことです。 https://makecode.microbit.org をひらくだけです。

・Windows 10 の場合は、makecode for micro:bit と言うアプリがあるので、マイクロソフト ストアから無料でインストールできます。 (使い方はこちら

質問があれば npo@j-code.org までメールをください。
またはTEL 090-8494-5524 (伊藤)へお電話ください。

CODE.ORGはじめてのプログラミング全3回(6/14,21,28)参加者募集中!

CODE.ORG (小学生むけプログラミング)を使って ゲーム感覚でプログラミングを学びます 。参加費無料!

・ 2020年6月14日(日)13:15~14:15
・インターネット上( オンラインで行います。各自インターネットにつながるパソコン・タブレットを用意して、ご自宅からご参加ください。
Zoom 以下URLより、Zoomビデオ会議に接続できるようご準備ください。
(安全のため、Zoomは常に最新にアップデートしておいてください。Zoomへのサインインは必要ありません。)
https://sites.j-code.org/codeorg/202006
・無料(会員登録は必要です)
 13:00 接続準備時間
 13:15 Zoomの練習など
 13:30 CODE.ORGでプログラミング
 14:15 終了


Zoomでプログラミング実況中継(6/13,27)土曜日に継続決定!

Zoomで解説
「Scratchアイデア あなたは何を作るのかな?」

学校が再開し始めました。久しぶりの学校はいかがだったでしょうか?分散登校だったり、授業時間短縮だったりして学校にいる時間が少ないところもあるようです。2020年度はプログラミング教育が必修化なのですが、学校の授業ではなかなか時間がとれないかもしれません。じゃ、プログラミングはおうちで学んじゃおう!
というわけで、土曜日に吉田先生がScratchアイデア解説を続けてくださるそうです。 今月は、6月13日(土)、6月27日(土)の全2回 14:00~15:00 です。

お、ネコがはねるプログラムを作っていますね。算数を再現してますね!学校の勉強にもとりくんでおくと、プログラムにもいきてきますよ。

なんと英語にも挑戦しています。スクラッチも実は英語が翻訳されているおかげで日本語で使えるのです。もとをたどると多くのプログラミングは英語を使っています。よくプログラミングのエディタで使われるVScodeなどのツールも英語なんです。日本語化されていることはありがたいことなんです。(^^)/

作ったらぜひ作品登録してくださいね。

6月はCODE.ORGはじめてのプログラミング全3回(6/14,21,28)を日曜日にオンライン(Zoom)上で開催します。どうぞご参加ください。

2020年5月24日のプログラミング教室・オンライン(Zoom)で開催!

5.クローンいちごを やっつけろ
(クローン)


この前、スーパーに行ったら、ホットケーキミックスとたこ焼き粉がまだ売ってなくてショックでした。みなさん、考えることは同じですね。みなさまは 「お子様とたのしくお料理」でしょうか? うちの場合は、「やりたかったら、勝手にどうぞ。(自分の飯は自分で作れ!)」です。
子どもは、”洗い物や片付けまでが料理”だと何か月たったら理解してくれるのでしょうか。(;´д`)トホホ

「作って学ぶスクラッチ教室」のシリーズ5回目を5月24日13:30~開催しました。毎回、オンラインビデオツール”Zoom”で行っているので子どもたちも慣れてきたようです。今回もたくさんの子供たちが参加してくれました。子どもたちの年齢やレベルは小学1年生から中学生までバラバラです。
そんなとき、本当に助かるのがブレイクアウトセッション(個室♡)です。レベルや年齢を考慮して、5人くらいのブレイクアウトセッションに入れば、少人数で子供たちの反応を見ながらプログラム作成を進めていくことができます。初級コースは人数少なめにしているので、ゆっくりすすめられます。ほぼ個別指導並みの手厚い歓迎(?)ですよ。


みなさん、書き込むのが早い!「みんながZoomの操作に慣れているから、ちょっと気が引けちゃう….」なんて心配はいらないです。このメインセッションを抜けた後、ブレイクアウトセッションでゆっくり操作に慣れますから安心してくださいね。

今回のテーマは「クローン」です。 スプライトの ぶんしん をつくることを『クローン』といいます。

・「自分自身のクローンをつくる」ブロックが実行されると、その時の いろや 大きさで クローンがつくられます。
・それぞれのクローンは、最初に「クローンされたとき」ブロックのプログラムを実行します。
・それぞれのクローンは、同じプログラムを使って、別々の動きをさせることができます。

しょちょー作の「ネコ劇場」

今回つくるゲームでは、クローンいちごをやっつける、スターを連続発射するために、そして、たくさんの 敵キャラ『クローンいちご』をつくるために、クローンをつかいました。

作成例はこんな感じ→ https://scratch.mit.edu/projects/392352884/

初級コースのみなさんも星(star) のクローンを作って 、たくさんクローンされたイチゴ(strawberry)のを消すゲームを作ることができました。しかも、前回学習した変数(へんすう)をつかって”とくてん“をつけることができました。すばらい!

用意された背景ではなく、自分で撮った背景をいれたりなど工夫もありました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。
学校も徐々に再開はするようですが、まだまだ段階を踏みそうです。まだまだオンライン学習やツールの出番は続きます。せっかくオンラインの便利さに慣れてしまったのでこれからもどんどん使っていきましょう。
もはや、大人より子供たちのほうが使いこなしている気がします。私はいまだにipadが使いこなせずイライラ😡します。(ipadは子供たちのやわらかい手には反応するのに、わたくしのカサカサした手には反応しないのですよ!

でもね、便利なITツールばっかり使わないでしっかり体も使いましょう。わたくしは最近ディアボロ( 中国ゴマ )を始めました。部屋の中でやっていますが、かなり危険です。”エクスカリバー”など激しい技をやるのにあこがれます。


吉田先生のScratchアイデア(シーズン5) NEW!👇事前予約がなくとも、見学や飛び入り参加できますのでぜひのぞいてみてね!

次回の教室は5月31日(日曜日)13:00開場、13:30開始になります。
テーマは 「みんなの作品発表会(プライバシーとちょさくけん)」 です。

6月の教室はコードオルグ(code.org)を予定しております。低学年のお子様も楽しめる企画にしたいと思います。

Zoomでプログラミング実況中継・シーズン5を継続決定!

Zoomで解説
「Scratchアイデア あなたは何を作るのかな?」

Scratchアイデア掲載のプログラムから5つを、 5月25日~ 5月29日 まで、日替わりで紹介します。 Zoomを使って吉田先生が、プログラミングの実況解説を行います。 クイズもありますよ。
随時質問も受け付けますので、ぜひ、こちらからご参加ください。(無料です)
各日程13:00-14:00で開きます。 飛び入り参加はこちら から!

とりあえず体験してみたい方、吉田先生を応援したい方は↓


各種教室のお申し込みは ↓ (現在は無料でオンラインにて実施中、抽選なし)


「Zoomでスクラッチ実況中継」以外の教室へのご参加は会員登録が必要になります。