2018年9月23日プログラミング教室@赤羽文化センター

2018年9月23日(秋分の日)に赤羽文化センターでプログラミング教室を行いました。
教室への申し込み希望がたいへん大人気でして、応募して下さった子どもたちの中から抽選をおこないました。教室への応募数が多くてもめげずに応募してください。応募数に応じて開催回数を増やしてます!

今回は「親子で学ぶ」がテーマです。2020年度から小学校でプログラミングの授業が必修化されます。所長から、コンピュータを理解して活用する力、論理的な思考力、問題解決能力​をどうやって育んでいくかのお話がありました。

所長からプログラミング教育のお話がありました。イメージわきましたか?
教室への応募数からプロググラミング教育への関心の高さがうかがえます。

10年前に主流だったプログラミング言語や技術はもう古いものになっています。
なので、プログラミング言語や細かい技術を教える必要はありません。
学ぶ環境をつくってあげて、十分な時間をつくってあげると案外自分から深く理解してくれます。あと、保護者の方が褒めることが大切!自分の子どもを褒めるって難しくありませんか?うちは、、、叱って、お互い文句言って、堂々めぐりです。

いっしょに楽しむこともポイントです。
親の共感があると、子供ものってきます。

いっしょに楽しむって大切だと思います。親が楽しそうだと子どもも楽しそうに取り組んでくれます。本とか映画とか成長するにつれて一緒に楽しめる趣味も増えてきますよね。
うちの子は最近MSをたのしんでます。
(※MS=マイクロソフト、ではありません。MS=モビルスーツです。)

午前はコードドットオルグ、午後はマイクロビットの講座、そのあと自由時間でした。マイクロビットでロボットカーをみんなでつくってみたのですが、ちょっと時間が足りなくなってしまいました。もうちょっとわかりやすくできるよう改善していきますね。

2018年9月21日北区立神谷小学校でのパソコンクラブ

2018年9月21日(金)に北区立神谷小学校でパソコンクラブでプログラミング教室を実施しました。

北区の小学校ではパソコンだけでなく、一人一台つかえるipadやwindowsタブレットがそろっていて授業で活用しています。高学年になると、社会の調べもの学習や修学旅行の地域情報を検索して役立てています。だから、子どもたちは情報通なのですね!先生方も電子黒板を活用されていて、子どもたちも活気づいています。通りかかった教室で子どもたちが電子黒板をみながら元気よくダンスしているのを見かけて、本当に楽しそうでした。

神谷小パソコンのパソコンクラブは4年生から6年生が入部していて、25名ほどが参加してくれました。

パソコンクラブはおよそ月1回だそうです。

今回はコードドットオルグのコース2から始めました。
いろいろなテーマがあります。
アングリーバードの迷路でなれたあと、
・アーティスト(線でかたちを描いていく)
・フラッピー(パタパタするキャラクターのゲームをつくる)
・プレイラボ(自分でお話をつくる)
などに飛んで体験してもらいました。

パソコンクラブでつくった作品をコンテストに応募することができます。
ログインカードがあれば、おうちでもつづきができます。

思ってたよりたくさん参加してくれて、ちょっとこちらが慌ててしましました。すみません。

クラブ活動の時間が35分くらいなので、次回はお話をつくるテーマにしてみようかなと考えています。せっかくコードドットオルグのコースがたくさんあるので、好きなものをやってもらってもいいかなとも考えています。難易度も易しいものからラスボス級のお題を用意しておきますね。

ご協力してくださった先生、ボランティアの皆さん、ありがとうございました。

 

コンテスト応募方法

日程

募集期間:2018年10月1日~11月11日
事前審査:11月12日~12月9日(事務局による事前審査)
一次審査:12月10日(審査委員による審査)
優秀作品発表会・最終審査:2019年1月27日
(優秀作品の発表をおこない、そのなかから最優秀賞をえらびます)

募集項目

募集するのは以下の項目です。会員登録をしてから、オンラインで登録ください。

  • 応募フォーム(所定の形式の文章)
  • URL1点まで
  • 画像1点まで
  • 動画1点まで2分以内

 

  • ※工作物や紙に書かれた作品、パソコンにインストールして動かすプログラムなどは、画像、動画、説明文などを工夫して応募し、作品をアピールしてください。募集項目以外のものをお送りいただいても受け付けできません。
  • ※審査の過程に応じて、事務局から工作物やプログラム実行環境などのご提出をお願いすることがあります。また、審査の過程に応じて、追加の個人情報をお伺いすることがあります。

 

応募フォーム

応募フォームには、下記の項目が必要です。記載がない場合は受け付けできない場合があります。下記項目以外に伝えたいことがあれば、自由に追加記載してください。

カテゴリー(コードドットオルグ、マイクロビット、その他)

カテゴリーは、事務局の判断により適宜変更させて頂きます。

さくひんの なまえ

1行の日本語で作品を紹介してください。外国語や記号など、読みにくい名前は避けてください

みじかい せつめい

作品を短く2行~4行程度で紹介してください。

どんな さくひんか

作品の動かし方、使い方、良いところ、どこに注目してほしいかなど、作品を紹介してください。

つくりかた

どのように作ったか、どのような材料や部品をつかったか等、説明してください。

大人が手伝った部分や、市販のキットを用いた部分、書籍やお手本などで参考にしたものがあれば、合わせて記載してください。

くふうしたところ

くふうしたところ、とくにがんばったところ、など、アピールしてください。

さくひんのURL

コード ドット オルグやスクラッチで作った作品、マイクロビットのプログラムなど、ブラウザで見ることができる作品やプログラムは、かならずURLを登録します。登録後に問題なくURLがひらけるか確認してください。重要な審査対象となります。

さくひんの がぞう

どんな作品かがわかる紹介画像を登録します。
画像の登録は必須ではありませんが、作品の良さを伝えるものとして、審査の対象となります。

※登録時に、自動的に解像度を低く調整しますのでご了承ください。

ユーチューブ動画のURL

どんな作品かがわかる紹介動画をユーチューブに登録し、ユーチューブの動画URLを登録します。
動画の登録は必須ではありませんが、作品の良さを伝えるものとして、審査の対象となります。
なお、動画は2分以内とします。2分以上の動画は、最初の2分間のみ審査対象です。

※ユーチューブ以外の動画は登録できませんので、ご了承ください。

ニックネームと学年

ニックネームと学年も忘れずに記載してください。

著作権と注意事項

応募作品の著作権は、応募者に帰属します。ただし主催者は、応募作品を審査結果の発表や北区政策提案協働事業の宣伝などのために、無償で上映、放送、複製、印刷、展示、編集、主催者ホームページでの使用やソーシャルメディアへの投稿ができることとします。

応募作品は、第三者の著作権などを侵害しないよう注意してください。仮に第三者から著作権、著作隣接権、権利侵害、損害賠償等の主張がなされたとしても、応募者が自らの責任で対処することとし、主催者は一切の責任を負いません。

※応募者が作品を応募した時点で、本注意事項に同意したものとします。

 

2018年8月30日(木)プログラミング教室@わくわく☆ひろば赤西

8月30日(木)に北区立赤羽台西小学校にてプログラミング教室を実施しました。
8月の2日から何度か『わくわく☆ひろば』へおじゃましてます。

『わくわく☆ひろば』とは放課後や、夏休みなどの長期休業期間に子ども達が地域の大人や専任の指導員に見守られ、触れ合いながら、安心してのびのびと過ごせる活動の場所や生活の場所のことです。「夏休み期間ずっと家で留守番させるわけにもいかないし、だからといって、毎日小学生を野放しにするわけにはいかないし…。」と私の子どもも1年生の4月1日(保育園終了の次の日!)からお世話になりました。本当に助かりました。いわゆる学童クラブですが一般の児童が一緒に自由遊びや集団遊び、体験活動や季節行事などを行っています。

会員カードはおうちでつかってログインできるし、プログミング教室でもつかえます。
その「プログラミングコンテスト」のチラシはおうちの人にぜったいに見せてね!

今回は、ちょっとボランティアスタッフの人数が少なくてご迷惑をお掛けしてしまったかもしれません。

8月31日に追加でボランティアスタッフの登録会&講習をしたところ、15名近くお集まりいただきました。学生のかたから現役バリバリのエンジニア、主婦、お優しいシニア世代の方まで幅広くお越しいただき、ありがとうございます。
「プログラミングを教える」というだけでなく、裏方のサポート、宣伝、会場準備などさまざまな仕事があると思います。小学生をはじめ、さまざまな立場、職種、世代の方々が「NPO法人プログラミング教育研究所」に関心をもってくださっているので、それを縦に横に広げられればなと思います。自分ではあたりまえだとおもっていたことがそうでなかったりしますよね。(私がそうです(;´Д`))

9月以降も赤羽、滝野川で開催するので参加してね!

9月以降のプログラミング教室の予約が可能になりました。

こちらから申し込みをお待ちしております。

2018年9月23日(日)赤羽文化センター
2018年9月30日(日)滝野川文化センター
2018年10月7日(日)赤羽文化センター(ロボットカーをつくるよ)
2018年10月14日(日)赤羽文化センター(いろんな楽器をつくるよ)