2020年6月28日のプログラミング教室・オンライン(Zoom)で開催!

ODE.ORGはじめてのプログラミング
3回目・おはなしをつくろう

皆さん、学校が再開して慣れてきた頃でしょうか?予定していた運動会がなかったりしてちょっと複雑かもしれません。うちの子は…6月の登校が4回(滞在時間3時間) 😥 しかなかったので、もうすでに心折れています。遅寝遅起き、人と話さない生活です。(なので、もう課題がたまっても目をつむろうと)自粛おこもりしているだけですごいこと…なんですけどね。休校中の「子どものお昼ごはんを用意しなければならない問題」が少し解決しました。なぜならば、

100円マックのメニューを教えたから! メニュー表に写真がないので教える必要があるのです。(税込み110円)

「2個220円でおなか一杯になるじゃん!」と喜び勇んで、買いに行っていました。めでたく「お昼ご飯問題」は解決です。

6月28日に小学生向けのプログラミング教室はじめてのコード・ドット・オルグ(code.org) 3回目を実施しました。実は、わたくしどもの「プログラミング教育研究所」のチラシが東京都北区の小学校に全校配布されまして、(コロナ禍のせいで配布が遅れた😢)予想よりもたくさんのお申し込みをいただきました。ありがとうございます。今回はチラシの配布が遅れたせいで3回目から初参加の方もたくさんいらっしゃいました。おうちでも続きやほかのコースができますので、ぜひ続けて取り組んでみてください。

今回のテーマは「イベント」でした。

イベント」はなにかをおこなう合図です。「実行したとき」「上↑ボタンが押されたとき」 「右→ボタンが押されたとき」などもイベントです。 ゲームコントローラのボタンをイメージしてもいいですね。

プログラムは上から順番に実行される(順次実行)ので、おはなしもプログラムを組んだとおりに上から下へ実行されます。同じ動きでもいま、どの部分のプログラムが実行されているのか確認してみましょう。

今回も学年ごとに3つのコース(A,B,C)に分かれて実施しました。(特に学年にとらわれず、自分に合ったコースで大丈夫です。)

・コースA・1年生(12. プレイ ラボのイベント)
・コースB・2年生(12. プレイ ラボのイベント)
・コースC・3、4年生(16. プレイ ラボのイベント)

このプログラムをどう組んでいくのかコースCで見ていきましょう。

①犬をねこのところまでいかせる

ピクセルというのは画面のつぶつぶのことです。(センチメートルには換算できません)

②ねこのところについたら、ねこに”Hi,there”といわせる

2つのイベントがありますね。こんなふうにイベントを増やしたり、つなげていったりしてプログラミングでおはなしを作りました。犬やねこなどの登場人物もキャラ(キャラクター)として設定します。

キャラクターを動かす➡キーもプログラムで設定します。

コースの最後では自由におはなしを作ってもらいました。

参加してくれた皆様、ありがとうございまいした。 コード・ドット・オルグ(code.org) にはたくさんのコースが用意されているので、まよってしまうと思いますが、👇を参考にして好きなところから始めてみてください。レッスンを飛ばしても大丈夫です。()

コースA (1年生~くらいがおすすめ)
コースB (2年生~くらいがおすすめ)
コースC (3年生~くらいがおすすめ)
コースD (4年生~くらいがおすすめ)

これは迷路(シークエンス)ですね。

今回で はじめてのコード・ドット・オルグ(code.org) のシリーズ3回は終了ですが、7月はmicro:bit(マイクロビット)、夏休みはまた コード・ドット・オルグ(code.org)スクラッチ(Scratch)を開催しようと思っています。

マイクロビットをプログラミング(初めての方OK):2020年7月12日(日)
:13:30~15:00
:インターネット上(ビデオ会議ツールZoomを使用します、Zoom使用初めての方もOK。使い方の紹介もあります。)
:無料

🎋 “一日でも早く学校へ行けますように”
って七夕の短冊に書いとこ。🎋

2020年6月21日のプログラミング教室・オンライン(Zoom)で開催!

CODE.ORGはじめてのプログラミング
2回目・くりかえし

もう、あっという間に夏がやってきます。自粛生活を始めたのが寒さ残る春だというのに梅雨がやってきて、時折真夏日のうだるような暑さ。わかっちゃいたけど、夏休みが短くなるし…

長い自粛期間を通り抜けるとそこは夏海だった…

6月21日(日)に はじめてのコード・ドット・オルグ(code.org) 2回目を実施しました。今回のテーマはくりかえしです。ほぼ学年ごとにブレイクアウトセッション(班)に分かれて、くりかえしブロックを使ったプログラムに挑戦しました。

・Aコース1年生8. LOOPS WITH SCRAT
・Bコース 2年生7. LOOPS WITH HARVESTER
・Cコース3、4年生(10. LOOPS WITH REY AND BB-8

コード・ドット・オルグ(code.org) の実際のブロックを見ていきましょう。
(コースによってブロックの形は違います。)

“前にすすむ”ブロックを5個つなげますが、ちょっと大変ですね。

くりかえしブロックの中に”前へすすむ”をひとつしか入れていません。「”前へすすむ”ことを5回くりかえす」命令をすれば5歩進むことになります。
くりかえしブロックを使うとラク!

実際には、くりかえしブロックを使ってプログラムを組んで、キャラクターを動かしていきます。「ええっと、ここは4マスだから、4歩進むか!」など一つ一つのマスを数える声がよく聞こえました。この、正確に数え上げる作業もとっても必要な力です。キャラクター自身が立っているマスを含めて数えるかどうかでもプログラムは違ってきます。このばあい、”前へすすむ”なのでキャラクターが立っているマスは数え上げに入れません。

一見たくさんのブロックをつなげなければたどり着けなそうな道順もくりかえしブロックをつかうと少ないブロックでプログラムを完成させることができます。

初級コースではくりかえしブロックの中にいどう(東へすすむ)ブロックのみをいれましたが、Cコースでは”前へすすむ”ブロックと”みぎにへまがる”を入れました。”みぎにまがる”というのはキャラクターにとっての”みぎ”なので、ここではキャラクター(BB-8)が移動している気持ちになることが大切です。

Cコースでは”前にすすむ”ブロックだけでなく、”みぎにまがる”ブロックもくりかえしブロックの中にいれてみました。(入れないとコードオルグさんにおこられちゃうの!)

くりかえしブロックの中にみぎにまがるブロックをいれたところです。

もしかして、「まだ、前にすすむが3個もあるからくりかえしブロックがもう一つ使えるのでは?」 と気づいた方がいらしゃるかもしれません。だとしたら、プログラミングのセンスがありすぎで、わたくしの出番はありません。今回の教室では紹介しなかったのですが、実はくりかえしブロックの中にくりかえしブロックをいれることができます。(言葉にするとなんてややこしいんだ!👇を見てね!)

入れ子とかネストと呼んだりします。

言葉にするとややこしいけど、プログラムで表すとスッキリです。これができちゃったら天才かも!!
とはいえ、

① まずは愚直にプログラムを組んでみる
② プログラムの規則性に気づく(よく観察するのです!)
③まとめられるブロックをくりかえしブロックでまとめる

が、王道でしょうか?はじめから美しいプログラムを書くことはできません。プログラミングって結構、地味な作業なのですよ。

コード・ドット・オルグ(code.org) は先生用の画面があり生徒の皆さんの進捗を把握することができるので、とっても便利です。あとでみたら、今回教室に参加してくれた生徒の皆さんが引き続き自宅で取り組んでくれたようで、とっても嬉しいです😆。

参加してくださった皆様ありがとうございました。自宅でも続きができますし、他のコースもチャレンジできますのでやってみてください。
👇に紹介しておきますね。(サインインも教材もすべて無料です)

プレイ ラボHTTPS://STUDIO.CODE.ORG/S/PLAYLAB/STAGE/1/PUZZLE/1

アーティスト
HTTPS://STUDIO.CODE.ORG/S/ARTIST/STAGE/1/PUZZLE/1

スターウォーズでプログラミングHTTPS://STUDIO.CODE.ORG/S/STARWARSBLOCKS/STAGE/1/PUZZLE/1

アナとエルサとコードを書くHTTPS://STUDIO.CODE.ORG/S/FROZEN/STAGE/1/PUZZLE/1

7月はmicro:bit(マイクロビット)の教室を開催予定です。
micro:bit(マイクロビット) の実機貸し出し(郵送)も受け付けております。


2020年6月14日のプログラミング教室・オンライン(Zoom)で開催!

CODE.ORGはじめてのプログラミング
1回目

4月、5月はスクラッチ教室を開催してきましたが、6月はコード・ドット・オルグ(code.org)を開催中です。スクラッチはちょっと難しいかったという低学年のお子様でも、ドラッグアンドドロップ(マウスの使い方)のカリキュラムからあるので、取り組みやすいコースです。

コード・ドット・オルグ(code.org) には Hour of Code(アワー オブ コード) という1時間くらいで完結するコースもあるのですが、プログラミング教育研究所では、6月にシリーズ3回を行うのでじっくり取り組めるコースを実施しました。

どのコースも初めて取り組むお子様でもOKです。コースFまであります。

コースA (1年生~くらいがおすすめ)
コースB (2年生~くらいがおすすめ)
コースC (3年生~くらいがおすすめ)
コースD (4年生~くらいがおすすめ) ・・・ 今回は扱いませんが、進められる人はやっちゃってOKです!

コースごとの難易度はそんなに変わらず、ブロックの形が違うことくらいでしょうか?

コースAはわかりやすいアイコンです
コースCはブロックの表現が言葉になっています
画面は直観的にわかるようになっていますので、親の口出しは不要かも?

➡を組み合わせて

を押せば、積み重ねたブロックが実行されてキャラクターが命令通りに動きます。

コースAの初めはマウス操作の基本から学びます。
コースCはいきなり迷路から入りますが、「前にすすむ」を2つつなげればOKですね。
//前へ2つすすむはJavaScriptでかくと下のようになります。
moveForward();
moveForward();

初めの面をクリアすると、みなさんどんどん進めていっったようです。教室が終わってみなさんの進み具合を確認してみたところ、6面までクリアしていました。すごい😆

初めのサインインのところでちょっと時間がかかってしまった人、すみませんでしたm(__)m。

パソコンをつかっていると何かと「サインイン」を求められることが多いです。普段つかっているスマホもパソコンもすべてサインインした状態で使っています。日常生活では意識しないでサインインしていることが多いかもしれません。
子どもたち自身が「今はこのサイトにサインインしているんだ」と意識すること自体がこれから大切になってくると思います。知らない間にサインイン情報を他人に渡してしまったり、ちがうIDでサインインしてサービスをつかってしまったりすることを防ぐためです。

シリーズ3回あるので、あと6月21日と28日に教室を開催します。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。
6月は学校へ行き始めたでしょうか?慣れない学校生活かもしれませんが、ちょっとずつでいいので焦らないで楽しんでくださいね。
うちの子は今週の登校がありませんでした。さすがに凹んでおります😢。
今月は4回のみ午前のみの登校…7月もどうなるのか…
なので、稲を植えました。

60L以上の土を一人で自転車で買いに行ってました。よく運んできたな…

吉田先生のScratchアイデア NEW!👇事前予約がなくとも、見学や飛び入り参加できますのでぜひのぞいてみてね!

CODE.ORGはじめてのプログラミング全3回(6/14,21,28)参加者募集中!

CODE.ORG (小学生むけプログラミング)を使って ゲーム感覚でプログラミングを学びます 。参加費無料!

・ 2020年6月14日(日)13:15~14:15
・インターネット上( オンラインで行います。各自インターネットにつながるパソコン・タブレットを用意して、ご自宅からご参加ください。
Zoom 以下URLより、Zoomビデオ会議に接続できるようご準備ください。
(安全のため、Zoomは常に最新にアップデートしておいてください。Zoomへのサインインは必要ありません。)
https://sites.j-code.org/codeorg/202006
・無料(会員登録は必要です)
 13:00 接続準備時間
 13:15 Zoomの練習など
 13:30 CODE.ORGでプログラミング
 14:15 終了


2019年1月29日(火)5年生でプログラミング@北区立赤羽小学校

2019年1月29日(火)に北区立赤羽小学校でプログラミングの授業を行いました。赤羽小学校は赤羽駅の近くにあってかなり立地がよい小学校です。商店街の中にあるかのようで、びっくりしました 😯 。
今回は5年生2クラスの子どもたちに体験してもらいました。

今回、教材として使用したのはコードドットオルグ(code.org)
アナと雪の女王
アーティスト
です。

 

アンプラグドレッスン(パソコンやタブレットを使用しない)として、おなじみのAIロボット”カッパー君”に登場してもらいました。子供たちに口頭で命令してもらって、実際に動かしてもらいました。

そのあと、前半に①アナと雪の女王を体験して、操作に慣れてもらいました。雪の結晶を描いていきます。

今回は、キーボードがついていないタブレットとタブレットPC(キーボードがついている)の両方をつかいました。タブレット充電の関係もあってバタバタしてしまってすみません。

こどもたちはタブレットに慣れているようで、画面をタッチしてビジュアル型ブロックを動かしていました。

”繰り返しのなかに繰り返しをいれる”というのが少し難しかったようです。

 数値を入力しする場面もあるのですが、人それぞれの入力の仕方でした。タブレットでキーボードを表示させて入力する人、手書きモードにこだわってタッチペンで数字を手書き入力する人、キーボードで入力する人と、それぞれでした。
パソコンよりもスマートフォンに慣れているようで、タッチ操作の人が多かったです。

スマートフォンは使えるけど、キーボード操作が不得意な世代がでてきています。フリック入力のほうが早い、という人もいるようです。これからキーボードはなくなっていくのでしょうか?マウスもなくなってしまうのでしょうか?(わたくしは困ってしまいます 😥 。)たしかに音声入力もかなり高機能になってきていますし、学習機能も充実しているので、パソコンをもっていないとキーボードに触れる機会がどんどん減ってきているような気がします。

後半は②アーティストで多角形を描いてもらいました。

 💡 驚くことに、のもかけちゃった子もいました。びっくりです 😯 。

詳しいカリキュラムや流れはコチラをご覧ください。
参加してくださった子どもたち、準備してくださった先生方、協力してくださったボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました 🙂 。